腸内フローラde健康ラボ

菌の解説

ヒトや動物と共生する菌

サテレラ パルビルブラ分布:ヒトの腸内

サテレラ パルビルブラ菌の大きさは0.4〜1.0×0.4〜2.0マイクロメートルととても小さく、シャーレの中では培養に失敗したかのような小さなコロニーしか形成しません。そのため、集めるのが困難な菌の1つですが、集めた菌を固まりで見ると赤色であるという特徴を持っています。そこで、ラテン語で「小さい」を意味する “parvus”と「赤い」を意味する“ruber”を組み合わせ、「パルビルブラ」と名付けられました。

サテレラ属はこれまで2つの菌種が報告されていて、「サテレラ ワズワーセンシス」は胃腸の感染症の患者から、「サテレラ ステルコリカニス」は犬の糞便からそれぞれ発見されており、健康な人からは見つかっていませんでした。しかし、細菌由来の遺伝子配列データベースを調べると、サテレラ属に分類される腸内細菌の存在を示すデータが各国の研究グループから報告されています。また、パラサテレラ属という近縁な菌もその後発見され、この菌もヒトの腸内に普遍的に存在している菌であると考えられています。

50音順
ア行
アシダミノコッカス ファーメンタンス
アリスティペス インディスティンクタス
エシェリヒア コリ
エンテロコッカス フェカーリス
オドリバクター ラネウス
カ行
カンピロバクター ジェジュニnew
クリステンセネラ ミヌタ
クロストリジウム ディフィシル
クロストリジウム パーフリンジェンス
クロストリジウム ラモーサム
コリンセラ アエロファシエンス
コリンセラ タナカエイ
サ行
サクシナティモナス ヒッペイ
サテレラ パルビルブラ
サルモネラ エンテリティディスnew
シュードモナス エルギノーザnew
スタフィロコッカス アウレウス
スタフィロコッカス エピデルミディス
ストレプトコッカス ミュータンス
スラッキア ピリフォルミス
セグメンテッド フィラメンタス バクテリア
タ行
ディアリスター サクシナティフィラス
ハ行
バクテロイデス オレイシプレヌス
バクテロイデス クラルス
バクテロイデス フラクサス
バクテロイデス フラジリス
バチルス セレウスnew
パラサテレラ エクスクレメンティホミニス
パラプレボテラ キシラニフィラ
パラプレボテラ クララ
ビフィドバクテリウム ビフィダム
ビフィドバクテリウム ブレーベ
ビフィドバクテリウム ロンガム 亜種 ロンガム
ビブリオ パラヘモリティクスnew
フィーカリバクテリウム プラウスニッツイnew
フシカテニバクター サッカリボランス
ブチリシコッカス フィーシホミニス
フソバクテリウム バリウム
ブラウティア コッコイデス
プレボテラ コプリ
プロピオニバクテリウム アクネス
ベイロネラ パルブラ
ヘリコバクター ピロリnew
マ行
メガモナス ファニフォーミス
ラ行
ラクトバチルス アシドフィルス
ラクトバチルス イクイ
ラクトバチルス カゼイnew