腸内フローラde健康ラボ

菌の解説

ヒトや動物と共生する菌

ビフィドバクテリウム ロンガム 亜種 ロンガム分布:主にヒトおよび動物の腸管

ビフィドバクテリウム ロンガム 亜種 ロンガムヒトの腸内に生息する多くのビフィズス菌種は、年齢とともに構成比が変化します。授乳中は母乳に含まれるヒトミルクオリゴ糖を餌とする「乳児型」が優勢になり、離乳食が始まると徐々に「成人型」のビフィズス菌が入れ替わるようにして増えていきます。しかしながら、この「ビフィドバクテリウム ロンガム 亜種 ロンガム」は、出生後の早い時期から高齢になるまで優勢的に生息する珍しいタイプのビフィズス菌です。この菌には感染防御作用や整腸作用、免疫力活性化、コレステロール低下作用などがあることが認められており、年齢を問わず様々な病気の予防や健康維持に役立つ重要な菌だと考えられています。

また、腸内細菌は自然発生するわけではなく、生まれた直後に多くの菌が腸内に入り、定着することで腸内フローラが形成されます。この時に定着する菌の種類によって、その後の免疫力や感染防御力に違いが生じ、生涯の健康状態に影響することが報告されています。なかでも、粘膜免疫の発達や病原性細菌の感染防御において重要な役割を果たすビフィズス菌の定着は、新生児とってとても大切なイベントであると考えられています。

そして、これら新生児のビフィズス菌の一部は、母親から受け継がれていることが明らかになりました。妊娠中の母親の腸内に生息していた「ビフィドバクテリウム ロンガム 亜種 ロンガム」と同一の菌株が、出生後の子どもの腸内からも分離されたのです。母親から受け継がれた菌は生後3カ月を過ぎても乳児の腸内に定着しており、乳児期に長期間生息していることも分かりました。ほかの種類のビフィズス菌においても同様に、母子で同じ菌株が見つかっていることから、病原菌の感染から身を守るビフィズス菌は母から子への大切な贈り物の1つといえるでしょう。

50音順
ア行
アシダミノコッカス ファーメンタンス
アリスティペス インディスティンクタス
エシェリヒア コリ
エンテロコッカス フェカーリス
オドリバクター ラネウス
カ行
カンピロバクター ジェジュニnew
クリステンセネラ ミヌタ
クロストリジウム ディフィシル
クロストリジウム パーフリンジェンス
クロストリジウム ラモーサム
コリンセラ アエロファシエンス
コリンセラ タナカエイ
サ行
サクシナティモナス ヒッペイ
サテレラ パルビルブラ
サルモネラ エンテリティディスnew
シュードモナス エルギノーザnew
スタフィロコッカス アウレウス
スタフィロコッカス エピデルミディス
ストレプトコッカス ミュータンス
スラッキア ピリフォルミス
セグメンテッド フィラメンタス バクテリア
タ行
ディアリスター サクシナティフィラス
ハ行
バクテロイデス オレイシプレヌス
バクテロイデス クラルス
バクテロイデス フラクサス
バクテロイデス フラジリス
バチルス セレウスnew
パラサテレラ エクスクレメンティホミニス
パラプレボテラ キシラニフィラ
パラプレボテラ クララ
ビフィドバクテリウム ビフィダム
ビフィドバクテリウム ブレーベ
ビフィドバクテリウム ロンガム 亜種 ロンガム
ビブリオ パラヘモリティクスnew
フィーカリバクテリウム プラウスニッツイnew
フシカテニバクター サッカリボランス
ブチリシコッカス フィーシホミニス
フソバクテリウム バリウム
ブラウティア コッコイデス
プレボテラ コプリ
プロピオニバクテリウム アクネス
ベイロネラ パルブラ
ヘリコバクター ピロリnew
マ行
メガモナス ファニフォーミス
ラ行
ラクトバチルス アシドフィルス
ラクトバチルス イクイ
ラクトバチルス カゼイnew