腸内フローラde健康ラボ

菌の解説

ヒトや動物と共生する菌

クリステンセネラ ミヌタ分布:ヒトの腸内

クリステンセネラ ミヌタ菌の大きさは0.4×0.8〜1.9マイクロメートルととても小さく、寒天培地上で形成されるコロニーの直径もわずか0.1ミリメートルほどです。糖を代謝して、酢酸と微量の酪酸を作ります。

分類学では、「種」の上に「属」があり、さらにその上に「科」が位置付けられますが、様々な解析の結果、「クリステンセネラ ミヌタ」は「科」レベルでまったく新しい菌だということが分かりました。属名と科名は、細菌系統学の権威であるクリステンセン氏にちなんで、それぞれ“Christensenella”および“Christensenellaceae”、種名は菌とコロニーの大きさにちなんで「小さい」という意を持つラテン語に由来する“minuta”と名付けられました。

様々なヒトの腸内フローラを比較した結果、Christensenellaceae科の菌は肥満度を表す指数であるBMIの低い人の腸内に多いことが分かりました。さらに、肥満促進マウスに「クリステンセネラ ミヌタ」を定着させると、体重増加が抑制されることも分かりました。詳しい仕組みはまだ明らかではないですが、この菌は肥満を抑える夢のプロバイオティクスになる可能性を秘めています。

50音順
ア行
アシダミノコッカス ファーメンタンス
アリスティペス インディスティンクタス
エシェリヒア コリ
エンテロコッカス フェカーリス
オドリバクター ラネウス
カ行
カンピロバクター ジェジュニnew
クリステンセネラ ミヌタ
クロストリジウム ディフィシル
クロストリジウム パーフリンジェンス
クロストリジウム ラモーサム
コリンセラ アエロファシエンス
コリンセラ タナカエイ
サ行
サクシナティモナス ヒッペイ
サテレラ パルビルブラ
サルモネラ エンテリティディスnew
シュードモナス エルギノーザnew
スタフィロコッカス アウレウス
スタフィロコッカス エピデルミディス
ストレプトコッカス ミュータンス
スラッキア ピリフォルミス
セグメンテッド フィラメンタス バクテリア
タ行
ディアリスター サクシナティフィラス
ハ行
バクテロイデス オレイシプレヌス
バクテロイデス クラルス
バクテロイデス フラクサス
バクテロイデス フラジリス
バチルス セレウスnew
パラサテレラ エクスクレメンティホミニス
パラプレボテラ キシラニフィラ
パラプレボテラ クララ
ビフィドバクテリウム ビフィダム
ビフィドバクテリウム ブレーベ
ビフィドバクテリウム ロンガム 亜種 ロンガム
ビブリオ パラヘモリティクスnew
フィーカリバクテリウム プラウスニッツイnew
フシカテニバクター サッカリボランス
ブチリシコッカス フィーシホミニス
フソバクテリウム バリウム
ブラウティア コッコイデス
プレボテラ コプリ
プロピオニバクテリウム アクネス
ベイロネラ パルブラ
ヘリコバクター ピロリnew
マ行
メガモナス ファニフォーミス
ラ行
ラクトバチルス アシドフィルス
ラクトバチルス イクイ
ラクトバチルス カゼイnew