腸内フローラde健康ラボ

菌の解説

ヒトや動物と共生する菌、病原性菌

クロストリジウム パーフリンジェンス分布:ヒトおよび動物の腸内、土壌

クロストリジウム パーフリンジェンス通称「ウェルシュ菌」と呼ばれる菌で、1892年にウェルチによって分離され、「バチルス アエロジェネス カプスラータ」と名付けられました。その後、学名の変遷を経て、現在は「クロストリジウム パーフリンジェンス」として登録されていますが、発見者の名にちなんで「ウェルシュ菌」とも呼ばれています。

菌の大きさは0.9〜1.3×3.0〜9.0マイクロメートルで、細胞壁の外側には病原性に関係する「莢膜(きょうまく)」と呼ばれる粘性の膜を形成します。ウェルシュ菌は12種類もの毒素や酵素を作り出し、それらによってガス壊疽(えそ)や食中毒といった病気を引き起こすことが知られています。食中毒は、菌が腸管内で大量に増殖し、エンテロトキシンと呼ばれる毒素を放出することによって引き起こされますが、ウェルシュ菌が下水、河川、海、土壌など、環境中に広く分布することから、食品や調理器具に混入しやすいこと、さらに、簡単な加熱処理では十分に殺菌されないことが食中毒につながる原因と考えられています。

このような病原性を示すウェルシュ菌ですが、ヒトの腸内にも常在菌として生息しており、加齢とともに増加することが分かっています。また、ヒトの体内に栄養素として取り込まれたタンパク質を腐敗させ、様々な有害物質を作り出すことから、老化や発がんなどへの関与も疑われています。

50音順
ア行
アシダミノコッカス ファーメンタンス
アリスティペス インディスティンクタス
エシェリヒア コリ
エンテロコッカス フェカーリス
オドリバクター ラネウス
カ行
カンピロバクター ジェジュニnew
クリステンセネラ ミヌタ
クロストリジウム ディフィシル
クロストリジウム パーフリンジェンス
クロストリジウム ラモーサム
コリンセラ アエロファシエンス
コリンセラ タナカエイ
サ行
サクシナティモナス ヒッペイ
サテレラ パルビルブラ
サルモネラ エンテリティディスnew
シュードモナス エルギノーザnew
スタフィロコッカス アウレウス
スタフィロコッカス エピデルミディス
ストレプトコッカス ミュータンス
スラッキア ピリフォルミス
セグメンテッド フィラメンタス バクテリア
タ行
ディアリスター サクシナティフィラス
ハ行
バクテロイデス オレイシプレヌス
バクテロイデス クラルス
バクテロイデス フラクサス
バクテロイデス フラジリス
バチルス セレウスnew
パラサテレラ エクスクレメンティホミニス
パラプレボテラ キシラニフィラ
パラプレボテラ クララ
ビフィドバクテリウム ビフィダム
ビフィドバクテリウム ブレーベ
ビフィドバクテリウム ロンガム 亜種 ロンガム
ビブリオ パラヘモリティクスnew
フィーカリバクテリウム プラウスニッツイnew
フシカテニバクター サッカリボランス
ブチリシコッカス フィーシホミニス
フソバクテリウム バリウム
ブラウティア コッコイデス
プレボテラ コプリ
プロピオニバクテリウム アクネス
ベイロネラ パルブラ
ヘリコバクター ピロリnew
マ行
メガモナス ファニフォーミス
ラ行
ラクトバチルス アシドフィルス
ラクトバチルス イクイ
ラクトバチルス カゼイnew