腸内フローラde健康ラボ

菌の解説

ヒトや動物と共生する菌

アシダミノコッカス ファーメンタンス分布:ヒトおよび動物の腸管

アシダミノコッカス ファーメンタンス1966年にアメリカのフラーによって、ブタの消化管から分離されました。この菌は、一般的な細菌が利用するグルコースをはじめ、糖アルコールやその他の炭水化物をほとんど利用せず、アミノ酸であるグルタミン酸を発酵して増殖することから、「アシダミノコッカス ファーメンタンス」と命名されました。“acidamino”はラテン語で「アミノ酸」、“coccus”はギリシャ語で「粒」、“fermentans”はラテン語で「発酵する」を意味しています。

大腸ポリープなど腸に疾患を持つ患者の糞便中の細菌群集を解析した結果、この菌に由来すると考えられる遺伝子が見つかっています。また、健康な人の糞便からも分離された報告があることから、常在菌としてヒトに分布していると考えられます。その一方で、腹部膿瘍や肺膿瘍からも見つかっていますが、その病原性についてはまだ明らかになっていません。今後、病原性をはじめ、ヒトの健康との関わりについて新たな知見が得られることが期待されています。

50音順
ア行
アシダミノコッカス ファーメンタンス
アリスティペス インディスティンクタス
エシェリヒア コリ
エンテロコッカス フェカーリス
オドリバクター ラネウス
カ行
カンピロバクター ジェジュニnew
クリステンセネラ ミヌタ
クロストリジウム ディフィシル
クロストリジウム パーフリンジェンス
クロストリジウム ラモーサム
コリンセラ アエロファシエンス
コリンセラ タナカエイ
サ行
サクシナティモナス ヒッペイ
サテレラ パルビルブラ
サルモネラ エンテリティディスnew
シュードモナス エルギノーザnew
スタフィロコッカス アウレウス
スタフィロコッカス エピデルミディス
ストレプトコッカス ミュータンス
スラッキア ピリフォルミス
セグメンテッド フィラメンタス バクテリア
タ行
ディアリスター サクシナティフィラス
ハ行
バクテロイデス オレイシプレヌス
バクテロイデス クラルス
バクテロイデス フラクサス
バクテロイデス フラジリス
バチルス セレウスnew
パラサテレラ エクスクレメンティホミニス
パラプレボテラ キシラニフィラ
パラプレボテラ クララ
ビフィドバクテリウム ビフィダム
ビフィドバクテリウム ブレーベ
ビフィドバクテリウム ロンガム 亜種 ロンガム
ビブリオ パラヘモリティクスnew
フィーカリバクテリウム プラウスニッツイnew
フシカテニバクター サッカリボランス
ブチリシコッカス フィーシホミニス
フソバクテリウム バリウム
ブラウティア コッコイデス
プレボテラ コプリ
プロピオニバクテリウム アクネス
ベイロネラ パルブラ
ヘリコバクター ピロリnew
マ行
メガモナス ファニフォーミス
ラ行
ラクトバチルス アシドフィルス
ラクトバチルス イクイ
ラクトバチルス カゼイnew