腸内フローラde健康ラボ

菌の解説

ヒトや動物と共生する菌、病原性菌

スタフィロコッカス アウレウス分布:化膿した傷口、鼻粘膜、腸内

スタフィロコッカス アウレウス通称「黄色ブドウ球菌」と呼ばれる菌で、1878年にロベルト・コッホによって発見され、その後、ローゼンバッハにより「スタフィロコッカス アウレウス」と命名されました。“staphylo”は「ブドウの房状の」、“coccus”は「球菌」、“aureus”は「黄金色の」を意味しています。

切り傷やかすり傷を放置しておくと、化膿して黄色い膿になることがあります。これは傷口に外部から侵入した細菌と白血球などが入り混じってできたもので、その黄色い色素を出す代表的な細菌が黄色ブドウ球菌です。

黄色ブドウ球菌は他のブドウ球菌よりも病原性が強く、代表的な感染症が食中毒です。食品中で増殖した黄色ブドウ球菌が毒素をつくり、その毒素に汚染された食品を食べると激しい嘔吐を引き起こします。食品を加熱することで菌が死滅しても毒素は残ってしまうことから、手指を清潔にし、食品を汚染しないことが食中毒の最大の予防法です。

また、この菌は菌数は多くないものの、私たちの腸内にも存在します。腸内フローラが安定している限りはおとなしくしていますが、大きなケガや病気、抗生物質の投与、加齢など、腸内フローラの乱れや抵抗力がおちている時に、感染症を引き起こすことがあります。

50音順
ア行
アシダミノコッカス ファーメンタンス
アリスティペス インディスティンクタス
エシェリヒア コリ
エンテロコッカス フェカーリス
オドリバクター ラネウス
カ行
カンピロバクター ジェジュニnew
クリステンセネラ ミヌタ
クロストリジウム ディフィシル
クロストリジウム パーフリンジェンス
クロストリジウム ラモーサム
コリンセラ アエロファシエンス
コリンセラ タナカエイ
サ行
サクシナティモナス ヒッペイ
サテレラ パルビルブラ
サルモネラ エンテリティディスnew
シュードモナス エルギノーザnew
スタフィロコッカス アウレウス
スタフィロコッカス エピデルミディス
ストレプトコッカス ミュータンス
スラッキア ピリフォルミス
セグメンテッド フィラメンタス バクテリア
タ行
ディアリスター サクシナティフィラス
ハ行
バクテロイデス オレイシプレヌス
バクテロイデス クラルス
バクテロイデス フラクサス
バクテロイデス フラジリス
バチルス セレウスnew
パラサテレラ エクスクレメンティホミニス
パラプレボテラ キシラニフィラ
パラプレボテラ クララ
ビフィドバクテリウム ビフィダム
ビフィドバクテリウム ブレーベ
ビフィドバクテリウム ロンガム 亜種 ロンガム
ビブリオ パラヘモリティクスnew
フィーカリバクテリウム プラウスニッツイnew
フシカテニバクター サッカリボランス
ブチリシコッカス フィーシホミニス
フソバクテリウム バリウム
ブラウティア コッコイデス
プレボテラ コプリ
プロピオニバクテリウム アクネス
ベイロネラ パルブラ
ヘリコバクター ピロリnew
マ行
メガモナス ファニフォーミス
ラ行
ラクトバチルス アシドフィルス
ラクトバチルス イクイ
ラクトバチルス カゼイnew