腸内フローラde健康ラボ

菌の解説

ヒトや動物と共生する菌、病原性菌

エンテロコッカス フェカーリス分布:ヒトおよび、動物の腸内

エンテロコッカス フェカーリスヒトや動物の腸内に存在する常在菌の一種。糞便由来の菌であるため糞便汚染の指標としても使われていますが、もともとは腎臓にある腎盂(じんう)という袋状の器官に細菌が入って炎症を起こす「腎盂腎炎」という病気の原因菌の一つとして分離されました。

通常の健康状態では感染症を引き起こす原因となることはありませんが、何らかの病気にかかり、免疫力が低下している状態では様々な感染症を引き起こす場合があります。

フェカーリス菌は球のような形をした菌が鎖のように連なることから、以前は連鎖球菌(ストレプトコッカス)と呼ばれ、ストレプトコッカス属に分類されていました。しかし、1984年に新しく属として認められた「エンテロコッカス属」に分類されるようになりました。エンテロコッカスは、「腸内の(エンテロ)」「球菌(コッカス)」に由来します。

50音順
ア行
アシダミノコッカス ファーメンタンス
アリスティペス インディスティンクタス
エシェリヒア コリ
エンテロコッカス フェカーリス
オドリバクター ラネウス
カ行
カンピロバクター ジェジュニnew
クリステンセネラ ミヌタ
クロストリジウム ディフィシル
クロストリジウム パーフリンジェンス
クロストリジウム ラモーサム
コリンセラ アエロファシエンス
コリンセラ タナカエイ
サ行
サクシナティモナス ヒッペイ
サテレラ パルビルブラ
サルモネラ エンテリティディスnew
シュードモナス エルギノーザnew
スタフィロコッカス アウレウス
スタフィロコッカス エピデルミディス
ストレプトコッカス ミュータンス
スラッキア ピリフォルミス
セグメンテッド フィラメンタス バクテリア
タ行
ディアリスター サクシナティフィラス
ハ行
バクテロイデス オレイシプレヌス
バクテロイデス クラルス
バクテロイデス フラクサス
バクテロイデス フラジリス
バチルス セレウスnew
パラサテレラ エクスクレメンティホミニス
パラプレボテラ キシラニフィラ
パラプレボテラ クララ
ビフィドバクテリウム ビフィダム
ビフィドバクテリウム ブレーベ
ビフィドバクテリウム ロンガム 亜種 ロンガム
ビブリオ パラヘモリティクスnew
フィーカリバクテリウム プラウスニッツイnew
フシカテニバクター サッカリボランス
ブチリシコッカス フィーシホミニス
フソバクテリウム バリウム
ブラウティア コッコイデス
プレボテラ コプリ
プロピオニバクテリウム アクネス
ベイロネラ パルブラ
ヘリコバクター ピロリnew
マ行
メガモナス ファニフォーミス
ラ行
ラクトバチルス アシドフィルス
ラクトバチルス イクイ
ラクトバチルス カゼイnew