腸内フローラde健康ラボ

菌の解説

ヒトや動物と共生する菌

エシェリヒア コリ分布:ヒトおよび、動物の腸内

エシェリヒア コリ1885年、ウィーン大学のT.エシェリッヒ教授が母乳栄養児の腸内から最も優勢だと思われる菌を発見し、“bacterium”(細菌)、“coli”(大腸)と命名。通称「大腸菌」と呼ばれる菌です。エシェリッヒはこの菌を大腸内の代表的な細菌だと考え、そのように名付けましたが、実は、その当時の研究環境で最も観察しやすい菌だっただけで、実際はヒトの腸内細菌の0.01%以下を占めるにすぎないことが分かりました。そのため、発見者であるエシェリッヒにちなんで、後に「エシェリヒア コリ」と学名が改められました。

大腸菌のほとんどは無害ですが、株によっては強い病原性を持つものがあります。なかでも、病原性大腸菌O157は最もよく知られる株です。1982年にアメリカのオレゴン州とミシガン州で、ビーフハンバーガーを食べた住民が腹痛と血便を訴える食中毒事件が発生、その原因菌として見つかったのがO157です。日本では、1996年に大阪府堺市でO157による集団食中毒事件が起こり、社会問題となりました。

また、大腸菌は扱いやすいということもあり、遺伝子を組み込んでインスリンを作るなど、私たちの生活に密接に関わっている菌のひとつでもあります。

50音順
ア行
アシダミノコッカス ファーメンタンス
アリスティペス インディスティンクタス
エシェリヒア コリ
エンテロコッカス フェカーリス
オドリバクター ラネウス
カ行
クリステンセネラ ミヌタ
クロストリジウム ディフィシル
クロストリジウム パーフリンジェンス
コリンセラ アエロファシエンス
コリンセラ タナカエイnew
サ行
サクシナティモナス ヒッペイ
サテレラ パルビルブラnew
スタフィロコッカス アウレウス
スラッキア ピリフォルミス
タ行
ディアリスター サクシナティフィラス
ハ行
バクテロイデス オレイシプレヌス
バクテロイデス クラルス
バクテロイデス フラクサス
バクテロイデス フラジリス
パラプレボテラ キシラニフィラ
ビフィドバクテリウム ビフィダム
ビフィドバクテリウム ブレーベ
ビフィドバクテリウム ロンガム 亜種 ロンガムnew
フシカテニバクター サッカリボランスnew
フソバクテリウム バリウムnew
ブラウティア コッコイデス
プロピオニバクテリウム アクネス
マ行
メガモナス ファニフォーミス
ラ行
ラクトバチルス アシドフィルス
ラクトバチルス イクイ