腸内フローラde健康ラボ

菌の解説

ヒトや動物と共生する菌

ビフィドバクテリウム ブレーベ分布:主にヒトおよび、動物の腸管

ビフィドバクテリウム ブレーベビフィドバクテリウム属(ビフィズス菌)に属する菌種のひとつで、1963年、ドイツのG.ロイター博士によって、発見・命名されました。ビフィズス菌は培養条件によっていろいろな形を示し、枝分かれすることが多いため、「分岐」を意味する“bifid(ビフィド)”が使われています。なかでも、この菌は特に細く短い形をしていることから「短い」という意味を持つ“breve(ブレーベ)”と名付けられました。主に乳幼児の大腸内に多くすみついており、乳幼児型のビフィズス菌として知られています。

ヨーグルトなど発酵乳製品の製造に使われ、穏やかな酸味のある製品として美味しく手軽にこの菌を摂取することが可能です。この菌を使った発酵乳製品を摂ることで、便秘改善などの整腸効果や潰瘍性大腸炎と呼ばれる難病の症状改善効果があることが報告されていて、ヒトに対して有効なプロバイオティクスのひとつとして注目を集めています。

50音順
ア行
アシダミノコッカス ファーメンタンス
アリスティペス インディスティンクタス
エシェリヒア コリ
エンテロコッカス フェカーリス
オドリバクター ラネウス
カ行
クリステンセネラ ミヌタ
クロストリジウム ディフィシル
クロストリジウム パーフリンジェンス
コリンセラ アエロファシエンス
コリンセラ タナカエイnew
サ行
サクシナティモナス ヒッペイ
サテレラ パルビルブラnew
スタフィロコッカス アウレウス
スラッキア ピリフォルミス
タ行
ディアリスター サクシナティフィラス
ハ行
バクテロイデス オレイシプレヌス
バクテロイデス クラルス
バクテロイデス フラクサス
バクテロイデス フラジリス
パラプレボテラ キシラニフィラ
ビフィドバクテリウム ビフィダム
ビフィドバクテリウム ブレーベ
ビフィドバクテリウム ロンガム 亜種 ロンガムnew
フシカテニバクター サッカリボランスnew
フソバクテリウム バリウムnew
ブラウティア コッコイデス
プロピオニバクテリウム アクネス
マ行
メガモナス ファニフォーミス
ラ行
ラクトバチルス アシドフィルス
ラクトバチルス イクイ