腸内フローラde健康ラボ

菌の解説

ヒトや動物と共生する菌

ラクトバチルス アシドフィルス分布:ヒトの腸管、口腔、膣内

ラクトバチルス アシドフィルスビフィズス菌が発見された翌年の1900年、オーストリア・グラーツ大学のモローが乳児の腸内に多くすみついているビフィズス菌とは別の乳酸菌を新たに発見。酸素があってもなくても生息できる性質を持つ「通性嫌気性菌」であることから、「酸」を意味する“acid”、「好む」を意味する“philus”に由来して「アシドフィルス」と命名されました。この菌は乳児の腸内だけでなく、成人や動物の腸内や口腔、膣内にも幅広く存在していることが分かっています。(ラクトバチルスは、ラクトバシラス属とも言われ、グラム陽性の桿菌乳酸桿菌。乳酸桿菌と同義に使われることが多い)

さらに、モローはアシドフィルス菌をはじめとする腸内常在菌が病原菌に対する防御的な役割を果たしているのではないかと考え、研究していましたが、近年、アシドフィルス菌には整腸作用や感染予防など、有益な作用があることが報告されています。この菌はヨーグルトや「アシドフィルスミルク」と呼ばれる発酵乳などの乳製品に使われています。

50音順
ア行
アシダミノコッカス ファーメンタンス
アリスティペス インディスティンクタス
エシェリヒア コリ
エンテロコッカス フェカーリス
オドリバクター ラネウス
カ行
カンピロバクター ジェジュニnew
クリステンセネラ ミヌタ
クロストリジウム ディフィシル
クロストリジウム パーフリンジェンス
クロストリジウム ラモーサム
コリンセラ アエロファシエンス
コリンセラ タナカエイ
サ行
サクシナティモナス ヒッペイ
サテレラ パルビルブラ
サルモネラ エンテリティディスnew
シュードモナス エルギノーザnew
スタフィロコッカス アウレウス
スタフィロコッカス エピデルミディス
ストレプトコッカス ミュータンス
スラッキア ピリフォルミス
セグメンテッド フィラメンタス バクテリア
タ行
ディアリスター サクシナティフィラス
ハ行
バクテロイデス オレイシプレヌス
バクテロイデス クラルス
バクテロイデス フラクサス
バクテロイデス フラジリス
バチルス セレウスnew
パラサテレラ エクスクレメンティホミニス
パラプレボテラ キシラニフィラ
パラプレボテラ クララ
ビフィドバクテリウム ビフィダム
ビフィドバクテリウム ブレーベ
ビフィドバクテリウム ロンガム 亜種 ロンガム
ビブリオ パラヘモリティクスnew
フィーカリバクテリウム プラウスニッツイnew
フシカテニバクター サッカリボランス
ブチリシコッカス フィーシホミニス
フソバクテリウム バリウム
ブラウティア コッコイデス
プレボテラ コプリ
プロピオニバクテリウム アクネス
ベイロネラ パルブラ
ヘリコバクター ピロリnew
マ行
メガモナス ファニフォーミス
ラ行
ラクトバチルス アシドフィルス
ラクトバチルス イクイ
ラクトバチルス カゼイnew